【チーム】3月の活動まとめ

年度が切り替わるタイミングとなりました。

今回は2023年度卒業生にスポットを当ててブログを書いていきます。


私がPHOENIXSに携わるようになった時、彼らは2年生でした。

当時はレコスリーグに参加していましたが、そこでの忘れられない出来事は雪中サッカーです。後にも先にも雪の日に試合をしていたのはこの学年しかいないのではないでしょうか。(笑)

3年生になり、新しい仲間が増えました。
それと同時期にチームを去る仲間もいました。

この代はその後も選手の入れ替わりが何度かあり、最終的に今の13人に落ち着いています。

3年生からは今もお世話になっているKANAGAWAみどり整骨院リーグに参加するようになりました。

チームとしても個人としても未熟で、難しい戦いが続きました。いくら結果にこだわらない方針とは言え、本当にこれでいいのかと悩んだこともあります。

しかし、少しずつでも着実に成長していく彼らを見て、我々がやっていることは間違ってはいないんだと信念を曲げずに指導していくことができました。選手たちが真摯に取り組んでくれていたからだと思います。

最終的にこの学年はPHOENIXSのサッカーを体現し、TAMAGAWA CUPでは3回優勝するほどの実力を身に付けることができました。はっきり言って自信を持っていい。君たちが見違えるほどに成長したことを間近で応援してくれていた親御さんも認めてくれるはずです。

卒団式でも伝えたように、私からの一番の願いは「一生サッカーを好きでいてほしい」ということ。

そしてそれとは別に(これは敢えて強い言葉では伝えませんでしたが)、できればプレーすることを続けてほしいと思っています。

私自身選手として上を目指すことはとうの昔に諦めましたが、結局のところ自分でプレーをするということに勝る楽しみ方はないです。実際に今も自分がプレーする時間を作ってしまっています。(笑)

努力して手に入れた「楽しい」という感覚をぜひこれからもフィールドの中で追い求めていってほしい。決めるのは自分だし、私もそれを尊重します。だからこれは密かな願いというわけです。

最後に私は「OB会を開催したい」と言いました。嘘ではありません。いつか必ず実現させます。

PHOENIXSとみんなはサッカーで繋がっています。
PHOENIXSがみんなとサッカーを繋いでいます。

みんなの成長した姿を見せ合う場として、みんなが小学生時代を思い出せる場として、そういう風に存在しながらクラブの歴史を紡いでいけたら理想的だなと思っています。

さて今日から新体制での活動が始まります。

みんながPHOENIXSに残してくれたものを大事にしてコーチたちもまた1年がんばります。
みんなも中学生としての新生活を楽しんでください。

最後になりましたが、保護者の皆様におかれましてはこれまで私たちの活動にご理解、ご協力いただき本当にありがとうございました。私たちにとっても皆様との出会いはかけがえのないものです。これからの皆様のご健康とご多幸をお祈りしています。


3月はなかなかに内容が濃く、いろんな出来事がありました。
思い出の写真を載せてブログを締めさせていただきます。

ありがとうございました。

■TAMAGAWA CUP
1711978811646.jpg1711978811905.jpg1711978812000.jpg1711978811839.jpg1711978811742.jpg1711978811269.jpg1711978811439.jpg
■親子サッカー
1711978812073.jpg1711978823408.jpg1711978818473.jpg1711978818377.jpg1711978818276.jpg1711978818199.jpg1711978818118.jpg1711978817986.jpg1711978817771.jpg1711978817877.jpg1711978817527.jpg1711978817662.jpg1711978812167.jpg
■練習試合1711978823545.jpg
■卒団式
1711978823638.jpg1711978823716.jpg1711978823791.jpg1711978823942.jpg1711978823863.jpg1711978824006.jpg1711978824099.jpg
■記念品
今年もたくさんの記念品をいただきました。大切にします。
1711978828892.jpg

コメント

非公開コメント