【チーム】12月の活動まとめ

先日、年内最後の活動を終えました。

さすがに日中も空気が冷たくて、年末の雰囲気が漂っていますね。


コロナが落ち着いてきたと思ったら、最近はまた体調不良に悩まされている声をよく耳にします。みんな事故や怪我などなく、健康に年末年始を過ごしてほしいです。



さて今回は2,3年生の冬合宿をメインテーマとして書いていくので、先に他の学年の活動を振り返っていきます。


まずリーグ戦ですが、U-12とU-11は今シーズンの試合を全て消化しました。どちらのカテゴリーも最終節は苦しい戦いを強いられましたが、今年1年の成果を見せてくれたと思います。


U-9に関してはまだ未消化の試合が残っているので、来年に持ち越しです。

このカテゴリーは合宿もありましたが、1Day大会にも出場しました。まだ結果はついてきていませんが、新たに成長するきっかけをくれた大会だったと思います。


U-8は練習試合を行いました。試合を観るたびに成長を感じれるのでとてもおもしろいです。これからもひたむきに取り組んでいってほしいです。

1703700345977.jpg1703700345805.jpg1703700345714.jpg1703700345621.jpg1703700345533.jpg1703700345447.jpg1703700345124.jpg1703700345286.jpg1703700339378.jpg1703700339294.jpg1703700339217.jpg1703700338595.jpg1703700338366.jpg1703699144176.jpg
1703700345881.jpg
1703700338805.jpg


ここからは12月16日~17日に行われた2,3年生の合宿について書いていきます。


去年に引き続き冬合宿では千葉県にある昭和の森フォレストビレッジを利用させていただきました。


今回のテーマは「ポジションと役割の理解」です。


詳しい内容は練習とミーティングの部分で説明していきます。


2年生にとっては来年度8人制で試合を行っていくことになるのでその予習として、3年生にとっては今以上にチームとして戦っていけるようになるために設定しました。


到着したら早速トレーニング開始。


意外にも天気が良く、寒さ対策で長袖を着ていた選手たちも半袖に衣替えし、私たちコーチも上着を脱がざるを得ませんでした。(笑)


練習の主な内容としては、常に複数人が関わり、パスを使う頻度の高いトレーニングメニューで構成しました。


1日目の午前中は基礎技術に比重を置いています。


パスは自分と味方の波長を合わせる必要があります。出し手側も受け手側もお互いが良い準備をし、思いやらなければ正確には成立しません。


試合でパスをするとなると、ボール以外の情報が必要になってきますが、これがかなり難しい。基本的にボールの行方はとても大事です。そのボールから目を離し、味方・相手の位置やスペースを探しておくことで、どこに・誰にパスをすることが有効なのかを導き出すことができます。


始めはDFがいないシンプルな練習がほとんどですが、その状況ですら他のグループとぶつかりそうになったり、味方の位置を確認せずにパスをしてしまうシーンがたくさん見られました。


頭と身体を連動させてプレーすることがいかに難しいことなのか体感してもらえたと思います。


とは言えいつまでも基礎練習をしているわけにはいかないので、パスを実戦で使えるように対人形式でのトレーニングへと進みます。


今回の合宿で一番時間を使って取り組んだのが2vs1です。


攻撃2人、守備1人という数的有利な状況でどのようにしてゴールを目指すのか、自分の中にある選択肢を状況によって使い分けられることが重要になります。


この練習ではパスをいつ使うのか、どこに出すのか、味方はどこでパスを貰うのか、これら3つのポイントを意識しながら取り組んでもらいました。


とりあえずドリブルで進んだり、とりあえずパスを選択してしまったり、ミスをするにしてもこういった思考のないミスは良くありません。


先ほどのポイントのように状況から自分で考えてプレーを選択することが何よりも大事です。それによって起きたミスは全然問題ありません。次にどうしたらうまくいくのか、また考えながらチャレンジしていけばいいのです。


そうしてうまくいったり、いかなかったりを繰り返して午前の練習は終了です。


各家庭で用意していただいた昼食を食べて、また午後の練習に臨みます。


午後は午前に行った練習を少し復習しつつ、更に発展したトレーニングを行いました。2vs1から人数が増えて3vs2です。しかもただの3vs2ではなく、プレーできるエリアを分けて行う練習です。


さあここで本題の「ポジションと役割の理解」という要素が鍵となります。


プレーエリアを分けることで、それぞれにポジション(攻撃:中央・右・左、守備:右・左)が生まれます。その配置を活かして状況に応じた役割分担を行っていくわけです。


極端な例を挙げるなら、DFが2人ともボールを取りに行ってしまったら、空いてる方にパスを出されるだけで攻撃が成り立ってしまいます。そういった隙を生み出さないために役割を分担できる能力が必要になります。


難し過ぎるかなと少し心配していたのですが、選手たちが必死に理解しようとしてくれたのでこのままやっていこうと思えました。


そうして、選手たちお待ちかねのゲームの時間がやってきました。もちろんただ楽しく試合をするだけでなく、今日練習したことがなるべく身体に染み込むように意識させました。


ぎこちないながらも脳みそを動かしている様子を感じることができてよかったです。


初日の練習を終えた後は風呂を済ませ、夕食をいただきます。


去年も書いたかと思いますが、フォレストビレッジはご飯がとてもおいしい。私たちも意気揚々とおかわりをしてしまいました。


しっかりと腹ごしらえをして最後のプログラム、ミーティングを行います。


合宿テーマである「ポジションと役割の理解」について以下のような項目で進行していきました。

・サッカーにはどういうポジションがあるのか

・それぞれのポジションにどういう役割があるのか

・PHOENIXSはどういうフォーメーションなのか


役割とは何か。例えば学校の掃除当番で一人ひとりにどこの掃除担当か割り振られると思います。効率よく仕事をするために分担しているわけですね。


サッカーにも広いコートを分担できるようにポジションがあり、それぞれに役割が存在します。まずは知識としてそれを理解しておく必要があります。


そしてサッカーにおいてはフィールドで体現できるようになってこそ理解できたと言えます。今すぐには無理でもいずれはそうなることを目標にして練習していきます。


サッカーのポジションは大きく分けて4つ(フォワード、ミッドフィルダー、ディフェンダー、ゴールキーパー)。


各ポジションそれぞれの役割を説明し、それを補足する映像を見てもらいました。やはり映像があることで選手たちの理解度も随分と高まるような気がしています。


PHOENIXSのフォーメーションに関しては、特に2年生の多くはあまりイメージができなかったと思いますが、今後8人制サッカーを洗練していくための予備知識です。


実際のミーティングでも説明が多くなってしまいましたが、選手たちは集中して聞いていたと思います。これを2日目に繋げていけたら尚良しです。


ミーティングを終えた後はもう就寝です。なんだかんだみんな疲れていたようで、すぐ寝ていました。(笑)


起床(子どもたちは一体何時から起きていたのか)。そしておいしい朝食をいただきます。


その後は部屋の片づけをします。ここまで触れてきませんでしたが、部屋の準備・片付けは自分たちで行います。もう合宿に複数回参加している選手たちはそのあたり頼もしい限りです。


初日よりかは気温が下がりましたが、それでも暖かい日差しのおかげで心地よく練習ができました。


2日目の練習では対人形式(2vs1、3vs2)の時間を長くとりました。


前日のプログラムが効いていて、初日よりもポジションと役割を意識しながらプレーできていました。


元々試合の時間も長めにしようとは考えていましたが、せっかくなのでフルコートをお借りし、8人制サッカーを行うことにしました。


8人制を経験したことのある選手としたことのない選手でちょうど半々。正直うまくいくかはやってみるまでわかりませんでした。


つい昨日ポジションのあれこれを学んだばかりなのにいきなり体現できるわけがありません。ただそれでも経験者たちのサポートのおかげで、試合は思った以上の盛り上がりになりました。


しっかりと2日間のトレーニングを終え、最後に昼食(カレー)をいただきました。


宿舎に挨拶をして出発。怒涛の2日間でした。


1703699143676.jpg1703699143789.jpg1703699143885.jpg


合宿も含めた12月の総括ですが、全カテゴリーに成長と伸びしろを感じることができました。


私たちも2024年に向けてこの1年を振り返り、ゆっくりと整理していこうと思います。


クラブ、選手、保護者が一丸となって、来年も充実した1年にしていきたいです。


本年もお世話になりました。また来年も宜しくお願い致します。


それでは皆様よいお年をお迎えください。

コメント

非公開コメント